大昆虫展 in 東京スカイツリータウン、行ってきた感想

当ブログは、記事内にアフィリエイト広告を利用しています。
おでかけ

東京スカイツリータウンで開催している『大昆虫展だいこんちゅうてん』に家族で行ってきました。

子供たちはカブトムシとのふれあいを気に入っていました。

様々な昆虫、テレビで見た珍しい昆虫を生で見ることができ楽しめましたので、紹介します。



会場・開催時間

大昆虫展 in 東京スカイツリータウン 夏休みの大研究!わくわく昆虫ラボ
大昆虫展 in 東京スカイツリータウン!2023年は7/15(土)〜9/3(日)に開催します。こどもも大人もみんなで楽しめる企画が満載!ぴあ他、各プレイガイドで前売り券を発売!

開催期間

2023年7月15日(土)〜9月3日(日)

会場

東京スカイツリータウン・ソラマチ5階「スペース634」

(東京都墨田区押上1-1-2)

開場時間

10:00~18:00(毎週金・土曜は20時まで)

※会期中無休、最終入場は閉館15分前まで

ヘラクレスオオカブトとの初めての出会い

『ヘラクレスオオカブト』と一緒に写真が撮れて、触ることができました。

実際に見たことがなかったので、おもちゃかと思ってしまうほど大きくて驚きました。

子供たちは、躊躇ちゅうちょすることなく、ペタペタ触って、撫でて、おしりをツンツンしていました。

展示品であり、高価なのだろうと感じていたので、子供たちの行動にハラハラ、ドキドキでした。

私は、おそるおそる触らせてもらい、これが世界最大級なのかと圧倒されました。

不定期イベントだったらしく、この先忘れることがない、貴重な体験をさせてもらえました。

カブトムシのふれあい体験

『ふれあいの森』というコーナーでカブトムシとふれあうことができました。

子供たちは、木に隠れているカブトムシを見つけては触って、大興奮していました。

ここには、お昼頃に訪れたのですが、飛んでいるカブトムシが1,2匹いました。

カブトムシに羽があるのは知っていますが、飛ぶイメージがあまりないです。

飛ぶのが下手だし、むしろゆっくり落ちている?と感じたので、調べてみました。

カブトムシが飛ぶ時はどんな時?|飛ばない個体はいない - KONCHU ZERO
カブトムシのイメージはブーンっと飛ぶイメージがありますが、飼育しているときはなぜか"飛ばない"ですよね。 例え

足がなくなっているカブトムシもいたので、無理やり引っ張られ、危険を感じたのかもしれません。

カブトムシのおしりをツンツンし、手のひらに乗せて、正しく触れ合いましょう。

巨大なアリ

『パラポネラ』という別の種族だと思ってしまうほど、大きいアリが生活していました。

大きさだけで驚いてしまうのに、スズメバチに匹敵するほどの猛毒を持った恐ろしいアリです。

南米では、なかなかクレイジーな儀式があることを知り、日本に生まれて良かったと思いました。

おわりに

人気のないコーナーがあり、間近で邪魔されずに見られると、ウキウキしながら入っていきましたが、

この数秒後、背筋がゾクゾクすることになりました。

病原菌・食中毒の危険性はない、きれいなゴキブリだと思いますが、やはり見ていられませんでした。

アップの画像は控えておきます。。。

他にも紹介できなかった昆虫・コーナーがあるので、実際に見に行って楽しんでください。

以上、大昆虫展に行ってきた感想、という記事でした。



コメント

タイトルとURLをコピーしました