スマートグラスを2ヵ月使ってみて分かったこと 感想&レビュー

当ブログは、記事内にアフィリエイト広告を利用しています。
お買いもの

自転車通勤の行きと帰りは、テキストを開いてがっつり学習ができないので、

スマートグラスでカランメソッドを聴いて、独り言英会話をしています。

スマートグラスを2ヵ月間使ってみて、

通勤に導入して良かった点・使いにくいなと感じた点があるので、紹介します。

 

スマートグラスを購入しようと思ったきっかけ、学習方法はこちらからどうぞ

英語学習を向上させるスマートグラス
散歩に行く方、ランニングする方、自転車を乗る方にお勧めのスマートグラスです。私は自宅から会社まで自転車で毎日通勤をしています。電車通勤していた頃と同様に、通勤時間を有効に使いたいと考えていました。自転車走行中に耳を塞ふさぐことなく、リスニングができるメガネがあったので、紹介します。
英語学習を向上させるスマートグラス 続き
前日に紹介したスマートグラスの記事の続きになります。このスマートグラスを買ってから自転車通勤がより快適になりました。通勤中に何をリスニングして、どのように学習しているかを紹介します。

通勤に導入して良かった点

耳をふさがず、骨の振動で聴く骨伝導サングラスです。音楽や英語を聴きながら、周囲の音も聞くことができるので、安全に自転車の運転ができます。

スマートグラスにボタンが付いているので、連動させている端末を操作しなくても音量の上げ下げ、曲送り・戻しが簡単にできます。

3色(ブルー/スモーク/クリア)の交換用レンズがあるので、日中はカラーレンズ、夜間はクリアレンズを使うことで、昼夜問わずスマートグラスを着けて英語学習ができます。

カラーレンズは、UV99%カット偏光レンズなので、眩しい日でもサングラスとして紫外線から目を守ってくれて、英語学習ができます。

サイクリング用メガネではないので、機能としては劣ってしまいますが、風よけになるので目の保護になります。また、虫やほこりが目に入ってくるのを防いでくれます。

防水性能等級IPX4準拠しているので、雨が降っている日でも雨除けとして、スマートグラスを使うことができます。

使いにくいなと感じた点

周囲の音が大きい大通りなどでは、骨伝導からの音が聴こえ辛くなります。

iPhoneを使用していますが、バッテリー残量の確認が端末右上のメーターしかないので、あとどのくらいの充電があるのかおおよそしか分かりません。「%」表示があると使いやすいと思いました。端末で充電残量を確認して、メーターは半分くらいあったのですが、30分も経っていないのに、急にスマートグラスの電源が切れました。

スマートグラスの機能として、音楽再生時間が最大約13時間あります。しかし寒くなってきたので、バッテリーの減りが早いと感じています。私は通勤で1日往復1時間30分弱使っていますが、バッテリーが1週間持たないことが多いです。

通話機能があるのですが、自転車走行中は使えなかったです。自転車側は相手の声が聞こえるのですが、相手側は「ゴーー」っと風を切る音がうるさくて、自転車側の声は聞こえないようです。

おわりに

自転車走行中はよそ見できないので、できることが限られてきます。

自転車通勤の片道約40分は隙間時間と呼べず、かなりの時間です。

その時間を学習時間に変えてくれたスマートグラスに感謝です。

最近は朝も夜も通勤の時間帯は暗いので、ずっとクリアレンズです。

以上、スマートグラスを2ヵ月使ってみて分かったこと 感想&レビュー、という記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました