あおぞら銀行BANKにした理由、使ってみた感想

当ブログは、記事内にアフィリエイト広告を利用しています。
手続き

去年口座を開設し、大手銀行から預金のほとんどをあおぞら銀行に移しました。

大手銀行の200倍の金利というのに釣られて、行動しましたが、同じ時期に投資を始めたこともあり、

こちらは特別なことをした実感がなかったので、金利のことを忘れていました。

数日前に通帳を見たら、4桁の利息を受け取っていて、衝撃を受けました。

ただ預けているだけで大手銀行ではありえない利息が受け取れお得に感じたので、紹介します。

BANK | あおぞら銀行
あおぞら銀行BANKのホームページです。BANKは「お金も時間も賢く使いたい」そんな方のために生まれたマネーサービスです。

あおぞら銀行BANKの金利

あおぞら銀行BANKの普通預金の金利は、年0.2%(変動金利)です。

大手銀行の金利は、年0.0010%(変動金利)です。

私の場合は、クレジットの引き落としはあるものの、振込みなどはほとんど使わず、

銀行にただお金を預けているだけだったので、預け先をあおぞら銀行BANKに変えてしまいました。

当面の使い方としては、最低半年生きられるだけの生活防衛金を預けるようにしようと考えています。

使いやすさ

通帳

紙の通帳はなく、電子です。

今の時代ネット(アプリ)で通帳を使うことが大手銀行でも当たり前になってきたので、

スマホを使いこなしている世代で困ることは少なく感じます。

ATM

ゆうちょ銀行、セブン銀行などで入金・出金ができますが、お勧めはゆうちょ銀行一択です。

ゆうちょ銀行のATMであれば、毎日8:00~21:00まで無料で何度でも入金・出金できます。

土日祝日に関係なく取引できるので、ATMに並んだことがほとんどありませんし、

時間外の手数料を取られたこともありません。かなりのメリットだと思いませんか?

手数料一覧 | 優遇特典あり | あおぞら銀行
あおぞら銀行の手数料一覧。BANKの円定期預金は好金利。ゆうちょ銀行ATM手数料無料などのおトクに加え、条件次第で他行宛振込手数料無料の優遇特典をご用意しております。ご興味のあるお客さまはぜひ口座開設をご検討ください。

ネットバンクはあやしい?

あおぞら銀行は有人店舗があるため、仮想空間上にだけ存在しているネットバンクとは異なります。

ただ、「BANK口座」と「有人店舗口座」では、金利・サービスが異なるので注意してください。

「BANK」と「有人店舗」の違い | あおぞら銀行
あおぞら銀行では、「有人店舗」と、店舗や窓口を持たない「BANK」をご用意しています。新規にお取引を開始いただくお客さまは、まずはBANKに円預金口座を開設いただく必要があります。

あおぞら銀行BANKがあまり信用できない人でも1,000万円までなら預けることをお勧めします。

なぜ1,000万円かというと、ペイオフの対象だからです。

ペイオフとは、銀行が破綻した際に1,000万円を上限に資金を保証してくれる制度のことです。

つまり、1,000万円をあおぞら銀行に預けて、利息が出たら下ろすことを繰り返せば、

銀行が潰れた場合でも、預けた元手は保証され、利息はいただくことができます。

やはり投資の威力には劣る

オルカンやS&P500の投資利回りを考えてしまいますと、見劣りしてしまいますが、

預金金利なので、ノーリスクで安全にお金を増やすことができるので、素晴らしいです。

また普通預金なので、いつでも下ろすことができる流動性も魅力的です。

投資に使わず手元に残しておく資金を考えた場合、あおぞら銀行BANKが一番良いと考えています。

キャンペーン

定期的にキャンペーンをやっているので、預金口座・証券口座を作る前に見ることをお勧めします。

キャンペーン | あおぞら銀行
BANK BY AOZORA BANKが実施しているキャンペーンを一覧でご覧いただけます。

おわりに

あおぞら銀行BANKの普通預金金利はが変動金利のため、いつまで好金利が続くか分かりませんが、

大手銀行に預けているだけでは、利息として数円しかもらえません。

口座開設し、預金する銀行を変えるだけで、お金は一切かかりません。

眠っているお金にも少しでも働いてもらえるので、行動しましょう。

以上、あおぞら銀行BANKにした理由、使ってみた感想、という記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました