食器洗い乾燥機の分岐水栓について

当ブログは、記事内にアフィリエイト広告を利用しています。
お買いもの

昨日のブログで最後にさらっと「分岐水栓が意外と高額だった」だけで終わらせてしまいましたが、

食器洗い乾燥機のサイズとキッチンにおける場所を確保し、無事に購入できた後に、

分岐水栓でトラブルになる可能性がありそうだったので、紹介します。

食器洗い乾燥機を買った感想&レビュー
ついに食器洗い乾燥機を導入しました。皿洗いは、ほぼ毎日、家で食事を取るので、食べた後にやらなければいけないことでしたが、スイッチ1つで、全自動でやってもらえるので、大助かりしています。時間をお金で買うことができたので、紹介します。

分岐水栓

そもそも分岐水栓とは?

分岐水栓は、食器洗い乾燥機(以下、食洗機)で使う水やお湯を供給するため、キッチンの水栓に取り付ける部品です。

食洗機本体とセットではついてこないため、ご自身で購入する必要があります。

食洗機専用「分岐水栓」の種類とは?キッチン水栓に合った選び方 – くらしのマーケットマガジン (curama.jp)

お店

家電量販店で食洗機を購入しましたが、

知識不足で分岐水栓がないと、食洗機が使えないことを知らなかったのと、

購入前に分岐水栓の説明がなかったので、支払いが終った後に、

業者が自宅に来る日程と、分岐水栓の値段がそこで決まることを伝えられ、

「まだ何か払うの?値引きするって言ったのに騙された?」と、いう感じでした。

自宅

業者が蛇口をチェックし、必要な分岐水栓が分かりました。

型が古いので費用がかかりそうなこと、在庫があればすぐに取り付けできるとのことでしたが、

在庫がなかったので発注になり、食洗機を買ってから取り付けまでに10日間くらいかかりました。

ちなみに、わが家の分岐水栓の値段は、23,000円くらいでした。

こんなにかかると知らなかったので、「”0”ひとつ間違えてない?」って思ってしまいました。

おわりに

分岐水栓は、1~2万円前後のことが多いみたいなので、

食洗機+分岐水栓(概算)の全体金額を考えて購入した方が、請求にヒヤヒヤせずに済みます。

私は知識がなかったので、当たり前かもしれませんが、

分岐水栓は、食洗機で選ぶものでなく、キッチンの蛇口のメーカー・型番で決まっています。

蛇口によっては分岐水栓(食洗機)が取り付けられないこともあるみたいです。

また、分岐水栓が手に入らず、購入してから1ヵ月以上待つこともあるみたいなので、

私はおそらく良い方でした。

以上、食器洗い乾燥機の分岐水栓について、という記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました