鵬天閣(ほうてんかく)名物の焼き小籠包は何度訪れても食べたくなる味

当ブログは、記事内にアフィリエイト広告を利用しています。
グルメ
スポンサーリンク

鵬天閣ほうてんかくはいつも名物の焼き小籠包を買う人で混雑しています。

この焼き小籠包食べるのにコツがいり、食べたことがない方はやけどしやすく危ないです。

熱々の焼き小籠包がおいしかったこと、食べ方を紹介していきます。

てづくり 本物の焼き小龍包(生煎饅頭)焼小籠包 3人前 《6個入(1.5人前)×2パック》 皮から手作りの本物の焼き小籠包をご家庭で(なかしべつミルキーポーク100%+国産厳選食材使用)
【調理済冷凍】【6個入1.5人前】 【賞味期限→約3週間】 (アレルギー表示:原材料の一部に、小麦、大豆、豚肉、鶏肉、ごまを含みます。小麦粉加工場ではそば、卵、乳も取り扱うことがあります)《お召し上がり方》 ①冷凍の小籠包を冷蔵庫内で、約6...
スポンサーリンク

お店の情報

上海小籠包専門店 横浜中華街の焼き小籠包 鵬天閣 (houtenkaku.com)
お店の名前鵬天閣ほうてんかく 新館
営業時間11:00~22:00 (L.O.21:30)
住所・アクセス〒231-0023
横浜市中区山下町192-15 中華街大通り

JR根岸線・石川町駅 徒歩10分
みなとみらい線・元町中華街駅 (山下公園口)徒歩4分
電話番号045-681-9016
定休日年中無休
備考焼き小籠包の支払いは現金のみ
注文は番号

鵬天閣名物の焼き小籠包

海鮮3個と豚肉3個セット 1,100円(税込)

パリッとジューシー熱々のスープとこだわりの具材があふれ出します。

本当に熱々で気をつけていてもやけどするので、一口で食べれません。

まずは歯で皮に穴を開け、スープを飲んでから食べるのがおすすめです。

おわりに

気をつけて食べていても隣りから熱いスープが飛んでくることがあるので注意してください。

以上、鵬天閣(ほうてんかく)名物の焼き小籠包は何度訪れても食べたくなる味、という記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました